海外旅行保険、がん保険加入のメリット

新着情報

2013/10/15
不測を更新しました
2013/10/15
一時金を更新しました
2014/02/06
学資保険を更新しました
2014/01/23
障害年金を更新しました

生命保険

seimeihoken

死亡や災害、事故や怪我・病気に備える為に加入するのが保険です。
収入と支出のバランスが上手く取れなくなった際に、保険に加入しておく事で経済的負担を軽減出来ます。

保険の種類は非常に多く、組み合わせ方も多種多様です。
その為自分の健康状態や経済状況、家族構成を考慮して保険を選ばなくてはならないのです。
生命保険の場合は、大きく3つの形に分類する事が出来ます。
「死亡保険」「生存保険」「生死混合保険」です。

死亡保険とは死亡・高度障がいになった際に補償を受ける事が出来ます。
例として定期保険・終身保険が挙げられます。
生存保険とは契約から満期まで生存していた場合に保険金が支払われます。
年金保険が例として当てはまります。
生死混合保険とは養老保険の事です。
満期時に支払われる保険の総称を意味します。貯蓄と保障を同時に得る事が出来るのが特徴です。

保障

hosyou

万が一の時に備える為の保障のタイプは、3つ挙げる事が出来ます。
それが「公的保障」「企業保障」そして「個人保障」です。

公的保障とは国など行政による保障の事です。
国民年金・国民健康保険・遺族年金などが公的保障に含まれます。
企業保障とは、勤務している会社による保障を意味します。
死亡退職金・厚生年金などが含まれます。
そして個人保障は自身で備え、加入しておく保険の事です。
その他預貯金なども個人保障に含まれます。

以上の3つを組み合わせて、万一の事態に備える事が出来ます。
公的保障のみでは不安な為、個人保障へも加入している人が割りと多く見られます。

預貯金

yotyokin

貯蓄と保険は、どちらも万が一のリスクに備えておくといった意味では同じです。
しかしリスクをよりカバーする面で言えば、貯蓄と比較して保険の方が優れているでしょう。

預貯金の場合、万一の時当てに出来るのは、積み立て金と利息を合計した金額です。
つまりそれまで貯蓄されてきた金額のみでカバーするという事です。
これに対し保険の場合は加入時点から契約内容に応じて、保障額を受け取る事が出来ます。
保証期間内という条件はありますが、経済的負担を考えるとその差は明らかです。

しかし預貯金もリスクへの備えとして十分機能を果たします。自己資金で補える場合は、預貯金で対処する事が可能です。
リスクを見極め保険と預貯金を組み合わせる事で、バランスの良い保障を実現出来ます。


LINK LIST

保険のことならこちら|保険マンモスの無料相談で毎月の保険料をダイエット!